ブログ

2020.02.07

弾性ストッキングの基本は膝下ハイソックスタイプです

弾性ストッキング(着圧ストッキング、弾力ストッキング)の種類には、

① ハイソックスタイプ
② ストッキングタイプ(太ももまで)
③ パンストタイプ

がありますが、足のむくみや怠さ(だるさ)、こむら返りの改善、静脈瘤の予防のためには、ハイソックスタイプが適当です。

静脈瘤のセカンドオピニオンで受診される患者さんの中に、
「前の病院では、太ももの血管が壊れているので長いストッキングで太ももを圧迫する必要がある」と説明され、ストッキングを購入したがはけないので使っていないという患者さんがちらほらいらっしゃいます。

太ももまで圧迫するのは悪いことはないですが、ふくらぎの圧迫があれば十分なので、はけないのであれば本末転倒です。
太ももに出来る陰部静脈瘤やリンパ浮腫の患者さんには、太ももまでのストッキングタイプが必要ですが、通常ハイソックスタイプが第一選択です。

医療機関で医療用ストッキングを購入する際には、自分に合ったサイズ、素材、はきやすさを試着した上で購入することが重要です。

高額なストッキングを買ったはいいけど、はかずにタンスで眠っているのはもったいないですから。。

TEL.044-223-6230 24時間WEB予約
一番上に戻る
一番上に戻る
TEL.044-223-623024時間WEB予約