外科一般

外科一般

当院では一般的な外科診療も行っております。日常でのケガややけどの処置、傷の縫合、皮膚腫瘍の摘出などに対応しておりますので、お困りの方はお気軽にご相談ください。

  • ケガ(切り傷、すり傷に対する止血、縫合処置、キズの処置など)
  • やけど
  • 皮膚のできもの(粉瘤、脂肪腫など)切除

粉瘤ふんりゅう(アテローム)

皮膚の下に、袋状の組織(膿疱)ができている状態です。この袋は皮膚と同じ構造を持っていますが免疫機能がありません。袋の中には老廃物がたまっており、これが破れたり感染することで周囲の皮膚組織が炎症を起こすことがあります。悪性ではありませんが放置しているとサイズの増大や感染リスクがあり、きれいに治すのが難しくなるため早めの治療をおすすめします。

症状

触れると固いしこりのように感じますが良性腫瘍です。ニキビと間違えて潰してしまうと感染しやすくなるため、できるだけ触れないで早めの受診をおすすめします。独特の臭いを生じることがありますが、炎症を起こさない限り痛みなどの症状を起こすことはありません。長期間放置すると大きくなってしまうこともあります。顔、頭、背中、お尻にできやすい傾向がありますが、他の場所にできることもあります。

炎症を起こした場合は炎症性粉瘤となり、腫れや赤み、痛み、熱感、強い臭気などの症状を起こします。サイズが大きくなった場合や炎症を起こした場合にはきれいに治せなくなる可能性があります。

原因

外傷やピアスの穴、ヒトパピローマウイルス感染など原因がわかる場合もありますが、原因がわからない場合がほとんどを占めます。体質により粉瘤ができやすいというケースもあります。

検査と治療

特に必要な検査はなく、問診と視診で粉瘤と診断できます。炎症や化膿は薬で治すことができますが、袋状の組織が残っていると再発を繰り返しますので粉瘤治療には切除が不可欠です。

当院では、傷口が目立たないようにできるだけきれいに治るように切除を致します。局所麻酔を行ったうえで、切除を行いますので、痛みはありません。粉瘤は再発することもありますので、再発を防ぐために膿疱をきれいに取り除くことが重要です。症状が進行し、炎症が強い場合には、一度抗生剤などで炎症を抑えてから、切開を行います。

粉瘤の手術費用について

粉瘤と脂肪腫の手術は健康保険が適用され、大きさや手術方法、患部のある部位、個数などによって費用が変わってきます。目安となる費用は、3割負担で4,000円~10,000円程度です。

TEL.044-223-6230 24時間WEB予約
一番上に戻る
一番上に戻る
TEL.044-223-623024時間WEB予約