バスキュラーアクセス

人工透析について

腎臓は血液をろ過して老廃物や余分な水分を排出する役割を担っています。腎不全で腎臓機能の働きが10%以下まで低下してしまうと生命の維持が難しくなってしまいます。そこで、人工的に血液をろ過するダイアライザーという透析器を用いて、老廃物を排出し、血液を浄化させる血液透析が必要になります。老廃物は定期的に除去しなければならないため、この透析治療を週に3~4回、続けていく必要があります。

内シャントとは

人工透析では、透析装置と患者様との間で毎分約200mlの血液を循環させます。内シャントとは人工透析の際に用いる血液の出入口で、動脈と静脈をつなぐことで静脈に流れる血液を増やし、十分な血液を採血できるようにするものです。
このシャントは、使っていくうちに流れが悪くなり透析治療ができなくなってしまうため、定期的なメンテナンスが必要です。

シャント手術について

 

内シャント

患者様の血管の状態に合わせ、自己血管か人工血管のどちらかを使います。

自己血管による内シャント(AVF)

詰まりにくく長期間使用が期待できる内シャントです。皮膚下で静脈と動脈をつなぎ合せてシャントを作ります。ほとんどの場合は利き手とは逆の手首付近に作ります。血管の状態などによっては、肘付近に作ることもあります。
このシャントはすぐに透析治療には利用できず、2~4週間後から開始できます。そのため、透析が必要な時期を見極めて事前に作っておく必要があります。

人工血管による内シャント(AVG)

自己血管で内シャントを作れない場合に選択されます。閉塞や感染リスクが高く、短期間で使えなくなるなど寿命が短い傾向があります。

シャント以外の方法

動脈表在化

シャントは心臓への負担がある程度かかります。心不全がある場合、シャントでは負担が大きくなってしまうため、静脈表在化が選択されます。これは動脈を皮膚の直下にまで移動させて直接動脈に穿刺できるようにする手術です。ただし、血液透析の際には静脈と動脈の2本の血管に穿刺する必要がありますので、そのための静脈が確保できることも手術の前提条件になります。心不全がない場合でも、内シャントを作れないケースではこの動脈表在化が選択されます。

シャントトラブルについて

透析治療は週に数回、継続的に行っていく必要があります。シャントにトラブルがあると透析治療ができなくなってしまうため、定期的なメンテナンスや検査を必ず受けるようにしてください。
下記でシャントに起こる代表的なトラブルとその際に起こる症状をまとめています。症状に気付いたらシャントがトラブルを起こしている可能性が高いため、すぐにご相談ください。

シャント狭窄

シャントが狭まって脱血が悪化し、返血圧が高まってしまいます。シャント音が弱くなり、すきま風のような音がしたら要注意です。

シャント閉塞

血管が細くなる、または血栓ができてシャントが詰まった状態で、透析治療ができなくなるため早急な処置が必要です。

シャント血管瘤

シャントがコブ状に膨らんでしまった状態で、ある程度小さいものは経過観察します。急激に大きくなる、痛みが起こる、感染したなどがあった場合には早急に治療が必要です。

静脈高血圧

シャントの狭窄や閉塞によって逆流を起こし、うっ血して上肢が腫れてきます。

スチール症候群

シャント内の血流が悪化して指に送られる血液が不足し、シャントがある側の指に変色や痛みが起こります。悪化すると壊死につながることもあります。

感染

シャントが細菌に感染している状態です。痛みや腫れが起こります。感染が起こったらシャントをできるだけ早く閉じて新しいシャントを作る必要があります。人工血管は感染リスクが高いため注意が必要です。

シャントPTA

狭窄や閉塞を改善するために行うシャント修復を、シャントPTAと呼びます。シャントPTAを行うことで、透析治療を継続できるように、あるいは治療時間を長引かせないようにできます。
シャントPTAでは細い管状のカテーテルをシャント内に挿入して狭窄や閉塞のある場所まで進ませ、先端にあるバルーン(風船)を膨らませて拡張させます。血栓によって閉塞している場合には、カテーテルによる吸引、血栓を溶かす薬を用いながら拡張を行います。

シャント手術の流れ

1. 初診・検査

超音波検査により、静脈と動脈の状態を確認します。

2. 検査結果と手術の説明

結果をもとに、どのシャントが適していて、そのリスクやメリット・デメリットにはどんなものがあるかをわかりやすくご説明しています。同意をいただて、手術日のスケジュールをご相談します。

3. 手術

局所麻酔による手術です。自己血管シャントは約1時間、人工血管シャントは約2時間の手術です。

4. 透析開始・メンテナンス

通常、2~4週間後から透析治療が可能になります。重大なトラブルを避けるため定期的に検査とメンテナンスを受け、できるだけ長く快適に使っていけるようにしましょう。特に人工血管のシャントはリスクが高いので、こまめなメンテナンスを心がけてください。

TEL.044-223-6230 24時間WEB予約
一番上に戻る
一番上に戻る
TEL.044-223-623024時間WEB予約